地唄の歌詞

水鏡

2015-01-20

ひとめも知らぬ男なら 恨みも恋も有るまいものを なまぜ近江の水鏡 写して見れば水底は かたい堅田の石山に きつうのせたに わしゃのせられて 思ひすごしは我からさきの ひとつ前帯しどけない振りよ たとえあはずと三井寺の かねては思ひ入る崎の 矢橋の風に比良の雪の暮れ 実なれどもいたずら髪の いふに云われぬ世の中の人のうわさも七十五日 浮名きのどくの山ほととぎす はてそうじゃわえ はてそうじゃわえ 末はひとつのもとの水

松づくし

2015-01-20

唄い囃せや大黒 一本目には池の松 二本目には庭の松 三本目には下がり松 四本目には志賀の松 五本目には五葉の松 六つ昔は高砂の 尾上の松や 曽根の松 七本目には姫小松 八本目には浜の松 九つ小松を植え並べ 十で豊久能の伊勢の松 この松は芙蓉の松にて なさけ有馬の松ヶ枝に 口説けばなびく相生の松 またいついつの約束を 日をまつ時まつ暮れをまつ 連理の松に契りをこめて 福大黒をみさいな

大仏

2015-01-20

大仏の妹背は京と奈良坂や 児の手柏の両面 窓から窓の垣間見に 囁く声もこだまして 聞いていよとも耳塚に 何の遠慮も太しき柱 互いに手に手をのばし合して抱きしめて 穴を忍び路潜らばくぐれ 鳥はものかは釣り鐘さえも 撞かぬ夜明けとまた布団着て 寝たる姿や東山

きぎす

2015-01-20

春にも育つ花誘う 菜種の蝶は花知らず 蝶は菜種の味知らず 知らず知られぬ仲ならば 浮かれまいものさりとては そなたの世話になりふりも わが身の末のはなれ駒 長き夜すがら引き締めて 昔がたりの飛鳥川

こすの戸

2015-01-20

浮草は 思案の外の誘う水 恋が浮世か浮世が恋か ちょっと聞きたい松の風 問えど答も山時鳥 月やは物の やるせなき 癪にうれしき男の力 じっと手に手を何にも言わず 二人して釣る蚊帳の紐

« Older Entries Newer Entries »